Inside-Lock

TOP新製品情報ドア用防犯対策品 > インサイドロック(ブロンズ)

ガラス付きのドアは室内に補助ロックを

インサイドロックブロンズ

インサイドロック ブロンズ パッケージ写真

■特徴

取り付け状態

ガラス付きのドアは、ガラスを破られ、ロックを解除して侵入してきます。
インサイドロックを取り付けた扉なら、鍵で施錠されているので、万が一ガラスを破られても扉を開けることは出来ません。
スリムボディで狭い箇所でもOK。
取り付けも簡単です。

■お求め、ご使用前にご確認下さい

取り付け可能素材

取り付け面が木製かアルミ製であること。
スチール製の場合には、別途、加工が必要となります。

取り付け条件

ドアが開閉時に描く円弧スペースを考慮し、本体と受けパーツとのスペースが5mm程度必要となります。

必要工具

■取り付け方(取付写真はインサイドロックシルバーを使用しています)

印を付ける

取り付けたい場所にインサイドロックを当てて、ドアが開閉するか確認して下さい。
(取付位置によっては干渉する場合があるので位置だしには注意が必要です。)

使用するパーツの選択

必要に応じて、各受けパーツを選択して下さい。

キリで下穴を空ける

取り付け位置が確定できたら下穴をキリで空けます。

アルミサッシの場合ドリルネジを使用

アルミサッシに取り付ける場合は付属の赤いドリルネジを使用し、下穴を空けます。

動画
ネジでシッカリ固定

本体および、受けパーツをネジでしっかり固定します。

完成

これで完成です。
注意
1.取付時に請川と当たらないようにしてください。デッドボルト(カンヌキ)が変形して戻らなくなる可能性があります。
2.変形が認められたら新品と交換して下さい。
3.デッドボルトが出っぱなしの状態で扉を閉じるとショックでデッドボルトが変形し機能を失います。

■使用方法

施錠

カンヌキを押し込んで施錠完了です。

開錠

開錠は鍵を差し込み、カンヌキを移動させる方向へ回します。

■徘徊とイタズラを防止するアンプッシュ機能の使用法

アンプッシュ機能使用

鍵を差し込み開錠した時と反対方向へ回します。

アンプッシュ状態

回しきったところでそのまま鍵を抜き取ります。

アンプッシュ状態では施錠できない

カンヌキは押しても動かないので、施錠が出来ません。
(アンプッシュ状態)

カギを差し込み開錠方向へ回すとアンプッシュ解除

鍵を差し込み、開錠方向へ回すとアンプッシュ状態が解除され、通常通りの施錠が出来ます。


< ドア用防犯対策品一覧 | NLS Home | 窓用防犯対策品一覧 >